保育士の資格取得❘短期の学校で知識を付ける!

幼稚園で働く

学生

幼稚園の先生になるためには、幼稚園教諭の資格を持っていなくてはなりません。この資格は大学で取得できる免許になります。保育士の資格と同じように幼稚園教諭も人気が高いといえます。保育士の資格を持っていれば幼稚園で働けるのではないかと思われている方もいます。ですが、幼稚園は学校教育法といった法律が定められている学校になるので、幼稚園教諭が必要になるのです。ですので、保育士の資格だけでは幼稚園の先生として働くことはできないと考えた方が良いでしょう。保育士は幼児を保育し、心と体の発達をサポートする仕事になります。原則としては、三歳から小学校入学前までの年齢を対象とした生徒を見ることができます。

幼稚園教諭の資格には、第一種と第二種に分けられています。第一種の免許は幼稚園教諭養成を終了し、大学を卒業すると取得できます。第二種としては、四年制大学を卒業し、大学院で修士課程を修了していることで取ることができます。また、通信教育や短大や専門学校を卒業していれば、取れる免許になっています。この資格の違いとしては、就職する先にもよりますが、もらえる給料が異なってきます。専門学校や短大などより、四年制の大学を卒業しておいた方が、もらえる給料の金額に差が出ます。もし、保育士の資格を取得し三年以上経っていて実務経験があれば、幼稚園教諭の試験を受けられます。この幼稚園教諭に資格を持っていれば、給料にも差がありますが、働き先として保育士よりも幅が広くなります。